GW明け最初の活動は、ポスター制作についてのありがたいお話。

こんばんは、連休開始直後にひいた風邪に未だ苦しめられているまっくすです。

長かったゴールデンウィークも終わり、とうとう大学が始まってしまいましたね。(早稲田のGWはまるまる一週間ありました。)
連休明けの大学は、心なしか人口密度が下がっているような気がします。。
そんな早稲田大学とは対照的に、本日のflipperは人口密度が高くてびっくり!(※当社比 ※教室が小さい)

来てくれてありがとうみんな! それでは、以下に活動報告を記します。

【やったこと】
・前期展示会の企画名決定
・ポスター制作時の注意点について幹事長からお話
・デザフェス当日準備に関するミーティング

flipperの企画ポスターはいつも、サークル内コンペで決めております。今回から参加する新規メンバーのために、ポスター制作のポイントを幹事長がめっちゃ語ってくれたので、私が覚えている範囲でまとめておきます。(足りてなかったら足してくれ、幹事長。)(正直自分でも何話したか覚えてないby幹事長)

【ポスター制作のポイント】
①基本的な設定を確認しよう
PhotoshopやIllustratorで新規ファイルを開くときの設定です。
・印刷物のカラーモードはCMYK
・印刷物の解像度は基本的に300dpi以上
・(今回の制作サイズはA3)
・Photoshopは天地小口ノド3mmずつ、つまり幅・高さともに実際のサイズ+6mmの塗り足し分を作って作成(今回はA3なので、303×426mm)

②フリー素材を活用しよう
使えるものはじゃんじゃん使いましょう。
・写真
・フォント
・ベクター素材(拡大縮小しても画質が変わらない素材)
などなど、簡単に揃えられます。
前回の記事でも紹介したPhotoshop VIPは、素材探しにとっても便利です。

③フォントはゴシックを使っておけばいいんじゃない
タイトル等は、ゴシックフォントを使うことが多いです。
初期で入っていそうなものだと、
・小塚ゴシック
・遊ゴシック
・ヒラギノ系
などがおすすめ。
細字でカーニング(文字間)広めにとるとスタイリッシュになります。
ローマ字+日本語の組み合わせのときには基本的に、サンセリフ+ゴシック、またはセリフ体+明朝が良いと思います。

④おすすめレイアウトは中央揃えだ
A3はけっこう大きいので、中央に置くのが最初はやりやすいかも。

⑤その他覚えておくとちょっと便利なことシリーズ
・背景は、レイヤー効果からグラデーション、パターンを使うとすぐできる。
・オブジェクトの上に文字を置いたりするとき、オブジェクトの線だけだとかっこいい感じ(○の中に文字の状態)、べた塗りだと可愛い感じ(●の上に文字の状態)になる。
・○のような線を作るなら、レイヤー効果の境界線を使うとよい。幅は1px、場所は内側。あと、塗りを0%に。

ポスター制作のポイントについては、とりあえず以上! なんだか要素詰め込み過ぎた感ありますごめんなさい。。 わからないところがある方は活動に来てもらえれば、現役生ができる限り教えます~

あ、flipperは今週末のデザフェスに出店します。またTwitter等でも告知すると思いますが、デザフェス参加予定の方はぜひflipperのブースにもお立ち寄りくださいませ!

おやすみんみんぜみ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中